FC2ブログ
2019
12.21
Sat
ハイこんにちは屁ぷしです。

もういくつ寝るとお正月ですよ。もはやこれかなりの年末感。
お雑煮代わりの担々麺ですよ。

1-DSC_0568.jpg



ちなみに今回、いつもの日清の「行列のできる」シリーズの担々麺がなかったのでマルちゃんの担々麺なのですが・・うぅむ。こ、好みの分かれるところでございましょうか。アタシ的にはちょっとナシでした。もう買わない。

 
 
そんなわけで。あらためまして。ってほどのアレでもないのですがとりあえず「久々に屁ぷしの気がふれたぞ!」って感じでノリとイキオイにまかせた変なものを「変なものセット」に混ぜてみました。よろしかったらどうぞ。「誰得」ってことばの真意にたどり着けること請け合いでありますw
「変なものセット Ver.0.02」(Dropbox)
1-ScreenShot4223.jpg

なんかツイッタで、あ、この流れは乗っといたほうがイイかな、って感じになったのでなんとなくw

やあーなんかこういうの久々ですわ。ずいぶん昔はこんな感じで割とノリとイキオイまかせな見切り発車が多かった気がします。たまにはこういうのもいいですね。

1-ScreenShot4225.jpg




そんなわけであらためまして。

とりあえず前回リリースからまたちょっと家ゲーのターンに移行してまして、や、次なにやるかもちょっとアレしててなんかテケトーな家ゲーでもないかなーそうだなあ、なんかこう、いかがわしい感じのがいいなあ。。。って思って手を出したのがこちら

1-アズールレーン クロスウェーブ_20191221162531


『アズールレーンクロスウェーブ』とかいうアレ。なんつかこう、ぱっと見「艦これ」ですねw まあ言うてもアタシ艦これってどういうアレなのか全然わかってなくてよくMMDとかであられもない姿で踊り狂ってるとこを拝見するくらいの認識でしたね。金剛4姉妹の髪型やっといてアレですがw

アズールレーンてのは・・さらに輪をかけてよくわかってなくて、まあ、なんでしょう、この・・コンセプト的にはほぼほぼまるかぶり、なんですかね艦これと。まるかぶり、というかまるかぶせというか。まあそのへんのお話は割とどうでもよくて、アタシ的にはいかがわしいかっこしたポリゴンをゴリゴリ動かせたらそれで満足なのでこのクロスウェーブってのはなんだかそんな匂いがムンムン立ち込めていたのでこりゃあいいやと特攻してみたわけですが・・

これがまたま~なかなかどうして結構楽しいおもろい内容でした。とにかくやたら爽快なプレー感。ちょー乱暴で誤解確定な物言いになりそうですがちょーいろいろはしょったアーマードコア、って感じですかね。すいません言いすぎました。

まあ最初のうちはレベルも装備もしょっぱいのでなかなか爽快感も少なかったりしますがレベルも装備もいろいろと強化してくとそりゃあもう「ヒャッハー」状態で笑いが止まらない感じですわ。

サラトガちゃんの鳴き声がなんかくせになりますわ。


「装填」マシマシの雪風さんはもはやビーム。



キャラのモデリングもなかなかどうしてエエ感じです。
1-アズールレーン クロスウェーブ_20191221164506

こいつぁいっちょこさえてしまいたくなるほどですが・・この、漏れなく、艤装?ってえの?たいそうな武装を背負ってらっしゃるのでそこがネックですかね工数的に・・。アタシ的にはちょっと手に余るかも。ヒデマロさんはようやったなアレw


なぜか「ケッコン」できます。
1-アズールレーン クロスウェーブ_20191203013740


まままイロイロとやりこみ要素的なものもありまして、おぉ、こりゃちょっとやりこんでみようかな、なんて思わされる程度にははまってました。ちょっと入れ込みすぎてほとんどやることなくなって全員と「ケッコン」目指して進めてる途中でアレが出ちゃったので移行、って感じですコレです。

1-お姉チャンバラOrigin_20191221154451

『お姉チャンバラ ORIGIN』
おぉ、なんだこれなんで今更w って感じのコレがリリースされるのを知ったのもわりと最近のことだったのですが個人的にこのシリーズは鉄板なので迷わず購入というか初めてダウンロード予約とかいうのをしてしまったほどでした。ちょっと期待が前のめりでしたかね。そんなこんなで「ダウンロード完了したよ!」とか言われたらそりゃもう居ても立っても居られないわけで63人中50人くらいケッコンしたとこでサクッとお姉チャンバラに移行してしまったわけでございます。いやまあそりゃ鉄板ですよコレ。相変わらずのプレー感。コンボが楽しすぎてもっと、もっとゾンビ、ゾンビちょうだい!! ってなっちゃってもう大変。。。まあだいぶ見た目変わりましたねトゥーン調になっちゃったのはこれ賛否両論かもですね。

1-お姉チャンバラOrigin_20191221155116


アタシ的には元の雰囲気のほうがよかったかしらね。なんかこう、エログロさが減っちゃった気がするのよね・・。ちなみに「ストーリー」は「新しくなったお姉チャンバラ1&2のストーリーを楽しむモードです。」ってことっぽいですが、元のお話をすっぽり忘れてるので「へぇー? アレ? こんなお話だったんだ?」ってなりましたね。エヴァちゃんて確かにいた記憶はありますがもっと幼女じゃなかったでしたっけ。あと「肝抜き」の仕様が変わっちゃったのがちょっと残念。



まあそんなこんなで本編はひととおりクリアしたもののそういえば前作だかなんだかのPS4焼き直し版が半端なとこで止まってたなあ、ちょっとアレも進めてみようかな? ・・と思ってライブラリ覗いたのが罠だった。

「おや・・? なんだこのタイトル『カリギュラオーバードーズ』・・?」という落とした覚えのないタイトルが目に入ってしまい(いやまあどうせフリープレイで落とすだけ落としてド忘れしてただけなんですが)ちょっと気になっておもむろに起動してみたところなかなかどうして面白くてですねあれよあれよですわ。かれこれ2週間ほどハマりっぱなしどっぷりです。いろいろとおかしな実装は山盛りなんですがそれでも完走したくなるしゃぶり尽くしたくなる程度にはそそられる内容でございますわ。PSVitaで出てたのの焼き直し大幅リニューアル版て感じなんですかね。妙に好奇心をくすぐるやりこみも多いのでめんどくさいけど覗いてみたくなるような、おかしなハマりっぷりです。あれよあれよで今二週目・・というかなんか一週目で取りこぼしが結構あったっぽくて回収しつつやりこみ、って感じですかね。おもろいわー。




・・とまあ前回のコメ欄からの抜粋でしたが『カリギュラ オーバードーズ』です。

1-Caligula Overdose_カリギュラ オーバードーズ_20191221010322

RPG、特にJRPGってのは積極的には手をださないジャンルではあるのでこういううっかり以外ではなかなかやる機会もなかったように思えますがこれはなかなかの嬉しい誤算・・て言うとちょっと持ち上げすぎかもですがそれなりにどっぷりハメられております。

お話が、ね。なかなかこう、グイグイ持ってかれますわ。「ほぉほぉ! ほんでほんで?!」ってな感じでがっぷりです。とりあえずひととおりクリアしてわかったのですがお話が「帰宅部」と「楽士」のルートに分岐するっぽいですね。分かれ道は進行上・・3か所? あるのかね。いや違うか、最初のが楽士ルートへの入り口であとのは帰宅部ルートに戻るかどうか、の分岐ですかね。その辺初回はよくわかってなくて楽士で進めて途中で戻っちゃったんでした。あとキャラクターシナリオの進行具合によってもお話が変わってくるようなのですが、それも半端に進めてたのでなんか結局変な感じのラストになっちゃったっぽいです。

なもんで、二周目やり始める前に楽士ルートで最後まで行くとどうなるのかしら? ・・って感じで少し巻き戻って進めてみたのですが・・いやぁ・・ひどいラストですわw ちょーバッドw ま、まあ、そりゃそうよねw まごうことなき「裏切り」なわけで。帰宅部の面々との連続バトルで各部員がひとことモノ申してくるわけですが、みなさん憤慨やるかたなしって感じでもう大変でした。そりゃそうよね。とりわけキャラクターシナリオをコンプしてた人なんてま~・・グッサリきましたわw いやあ・・声優さんてほんとすげえなあ、なんて変な感慨を覚えてしまうほどの破壊力抜群のセリフでしたね。



そんなこんなで二周目はキャラクターシナリオを取りこぼさないよう注意しつつ楽士ルート入って両ルートを網羅する、ってのを目標に進めている感じです。枇杷阪先輩をぎゃふんと言わせてやるのです。



ほんでコレ、舞台が仮想空間の高校、ってのが中心にあるわけで、モブっぽい生徒さんもそれなりにいらっしゃるのですが、そのほぼ全員になんちゃってでキャラ付けがされてて「トラウマの解消」って形で干渉できるような作りになってるんですね。「へぇ~・・おもろいな?」って思ったもののその数総勢500人オーバーなので全員分解消するのはちょっと骨が折れそうです。

1-Caligula Overdose_カリギュラ オーバードーズ_20191221172351

しかもご丁寧に上のSSみたいな感じで相関図みたいのがあってなんかいちいち不穏な設定が盛り込まれてるんですわ・・気になってしょうがないw これ、解消するとこの不穏な内容の真実というか真相みたいのが解明されたりするのかしら。。。気になるわ~。無駄に好奇心を刺激してきますわ。


・・ってくらいにはドップリです。もうしばらくハマれそうな気配が濃厚であります。





そんなこんななので今年はあともう一着くらい双葉さん衣装の追加する予定でしたがもはやな感じですわ。来年に持ち越しです。あとは干支案件ですね。ねずみちゃんですね。デゼニランドの伝説の秘宝っぽい感じもアリっちゃアリかもですがいやうそアウトかしらねソレはw なんかテケトーにでっちあげますわ。ちなみに多分大晦日リリースは見送る予定です。お正月リリースにしようと思ってます。や、毎年二連ちゃんになるのでちょっとキツイんですw



ではごきげんよう。
関連記事
スポンサーサイト



comment 10 trackback 0
トラックバックURL
https://hepsy.blog.fc2.com/tb.php/277-0759fa99
トラックバック
ぼやき
うーむ。なんかやたろ記事書くの時間かかっちゃいましたw
動画とか張り付けたからかしらね。
屁ぷし | 2019.12.21 18:20 | 編集
そんなわけでクリアしましたよシナリオ両陣営網羅して。いやあ・・琵琶坂先輩は・・なるほど、そういう扱いになるのかあww ざまぁww・・って感じでもない帰宅部の面々だったけど、ま、まあ、そりゃそうか。

割とお話もそんなに大きく変わることもなくエンディンまでこぎついたのですが、ラストにちょろっと「その後」みたいのがイラストベースで流れるのね。ちょっとあまりにもイラストの印象が変わっちゃってて誰が誰やら状態でしたね。それでもまあ感慨深いものはありはしました。ただまあ・・ちょっと拙すぎる感じのイラストでしたねw そこが残念。敢えて、なのかしらねぇ・・。
屁ぷし | 2019.12.23 14:08 | 編集
んで、モブっ子学生相関図埋めのお話ですが・・とりあえずがんばって1クラス分埋めてみました。1年1組「殺された少女」だかなんだかいう不穏なクラスw まあ・・特になんもなかったですw 各生徒の「秘密」やら「本性」やらが開放されるのでそれ読んで全体像を想像してください、ってことなのかしらね。ちょっと肩透かしですわ。まあ例えばこのクラスの真相にしても全員の「秘密」をおさらいすればへぇふぅんなるほどそうか・・って感じにはなるのでソレはそんな感じでシメ、ッテ感じなのかしらね。。

全クラス分やんのはしんどいしこの程度のアレなら無理して開放することもないかねぇ。。。「首謀者」だけつまみ食いしてトロフィゲットしておしまい、かしらね。なんか中途半端な実装だわね・・。まあモブっ子ちゃんズに関しては基本「その他大勢」っていう位置づけなわけなのでこんなもんなのかしらね。もう一歩、落とし込んでみてもまた面白さの深みが増すようにも思えますのでちょっともったいないなあって感じてしまいますわ。つかこの辺さらに作り込むと収集つかなくなるかもわからんねw それこそ別ゲーになっちゃいそう。つかこの舞台でこのモブっ子ちゃんズを拡張した別ゲー作っちゃえばいいのに。
屁ぷし | 2019.12.23 14:18 | 編集
へぇ・・このシナリオ書いたのペルソナ2と同じ人らしいですわ。言うてもアタシペルソナ2やったことないですが。
屁ぷし | 2019.12.23 14:54 | 編集
そんなわけでめでたくトロフィコンプしてしまったので「カリギュラオーバードーズ」も無事卒業とあいなりましてございます。地味にトロコンタイトルが増えつつある気がします。これまたトロコン狙いの「アズールレーンクロスウェーブ」の全員ケッコン作業の続きをちょろっと再開したもののさすがに作業感強すぎたので2人ほどこなしたところでおもむろに始めてしまったのが「Days Gone」とかいうタイトル。

パンデミックもの? って感じなんですかね。オープンワールドな「Last Of US」MADMAX風味、といった風情なのかしらね。いくらなんでも乱暴すぎる感覚かしらねw まままざっくりそんな感じ。まだ5~6時間やった感じですがゾンビ・・じゃないや変異してしまった人類? なのかね彼らは、とにかく元気いっぱいで単体はまあどうとでもなるけど集団になると一苦労。バイクで「ヒャッハァ」よろしくひき逃げしたれ~って特攻したら飛びかかりからの引きずり下ろしでフルボッコ~昇天ナム~とかなかなかどうしてアグレッシブでマッシブでマッチョな連中でござるよニンニン。

例によって荒廃してしまった世の中な設定なので人類のみなさんも野盗になったりカルトになったりして人類に仇なす勢力も複数いたりしてままならぬものよとまさにこの世はサバイバル状態でケンシロウの降臨が心待ちにされるような世相だったりしてますね。愛がほしい。
屁ぷし | 2019.12.25 14:50 | 編集
なかなかおもろいのですが、もうだいぶ慣れたつもりでいたけど海外勢のクオリティってもうこのくらいがデフォなのかしらねぇ。。。ほんと呆れるほどのリアリティ。リアル、ってかまあ、ウソもふんだんなんですが作り込みがすげえのね・・。まあソニコンタイトルなのでそのへんはいろいろと融通してもらってるのでしょうけどソレにしたってですよ。

ココ最近立て続けに国産の木っ端タイトル(すんげえ失礼w)ばっかりやってたので余計そう感じてしまいますわね。もうスタジオの規模うんぬんもあるかもですが回し方からしてもう違う感覚なのかもですね。どっちかてと人海戦術っぽいものが不可欠な気もしますねこういう作りを見てしまうと。そんなことないのかな。コストもそれなりにかかるんでしょうけどソレに見合うリターンが見込める市場がある、ってのもでかそうよね。


まあでも前はそういうのを「国産ふがいなか!もっとがんばれ!!」的な感覚があったような気がしますが最近はもうそのへんはわりとどうでもいいっちゃどうでもいいかしらね。それぞれイイとこあるしね。おもろけりゃそれでいいのよ結局、っていう当然の帰結に落ち着いてしまったっぽいです。どっちも「ここがもっとこうだったらいいのになあ~」ってのはどうしても出てくるわけで、その方向というか種類が違うだけの話ですかね。
屁ぷし | 2019.12.25 15:03 | 編集
つかなんかここんとこやりたいタイトルがひっきりなしで困るわ。。。
屁ぷし | 2019.12.25 15:46 | 編集
案の定というかなんというか。アトリエの「黄昏」シリーズも焼き直し出るのねぇ。
・・てか今日出たのか。

願ったり叶ったりではあるもののタイミング悪いわねちょっとw うーむ。
そ、そのうちセールとかで安くなってからでイイかな。
屁ぷし | 2019.12.25 18:49 | 編集
さー仕込みも終わったしDAYS GONE続きやロー
屁ぷし | 2019.12.31 23:16 | 編集
あーもー早く記事確認したいわ・・はよ明けえやもー。モンモンするわいや。
屁ぷし | 2019.12.31 23:19 | 編集
屁ぷしだけにこっそり耳打ちする
 
back-to-top